FC2ブログ

週末ラジコン

こんにちは ema です。

今週も暑い日が続きますね。
先週末もイロハさんに行ってきました。

早速 切れ角アップ ST ワイパーセット(VX-DOCK/ ハードアルマイト仕様) を組み込んで
いる方もいましたね♪

先週のイロハは湿度の関係か若干路面が食い気味。
旋回性能を向上させる為、VXサスのピン位置を変更しました。

ピン位置&ショック取り付けを内側にすると旋回性能向上な傾向
逆に外側方向だと安定(アンダー)気味な傾向になります。

ピン位置の変更で気持ち良く旋回するようになりました。


BHMO2046.jpg

OAPU1987.jpg

RFのサスブロックはYD-2用の48.7mm
VXバルクver2   トー調整カラーは片側6.5mm
サスアーム間のカラーは0mm
ピストン 1.0mm3穴
ショックオイル OD#10
スプリング 1.0mm 7.25巻

横置きモーターの TRAVIS はショートサス・レバー比有の
相性が良い感じです。

VXサスアーム ver.3 は色々と試す事が出来ますので
参考にトライしてみて下さい!

スポンサーサイト
.29 2018 TRAVIS comment0 trackback0

TRAVIS 組立て参考

こんにちは ema です。

0393-FD TRAVIS R-EDITION コンバージョンキット(Black)も予定より若干早く
本日問屋様に向け出荷致しました。

好評発売中のTRAVIS コンバージョンキットに、リヤモーターレイアウトに特化した
限定モデルR-EDITION が登場!
最新のVX-DOCK 用切れ角アップ ST ワイパー、SP カーボンモータープレート、
ギアシャフトストッパーのオプションを標準装備しながらも、
フロントレイアウトのみに使用するギアボックス-Back/カップジョイントL/ センターシャフト
/1050 ベアリング2 個をレスにする事でお買い求めやすい価格を実現。
標準キットに上記のオプションパーツを追加した時に比べ、8,000 円以上安い
設定になっており、リヤモーターレイアウトのみ楽しみたい方におすすめです。
(Black 以外のSilver/Blue/Red モデルを希望の場合は直接お問合せください。)
*VXバルクシステムは付属していません。

TRAVISのオプション設定パーツが同封されたキットですので
付属の取説と組み付け方が若干違う部分が有りますので、このブログにてご紹介します。

組立てマニュアルのリアハイマウントの組立て内容に誤りがあります。
添付画像の通りに訂正させていただきます。
TRAVIS_inst_update.jpg

リアモーターバージョン
TRAVIS_R1.jpg
PDFは→こちら

TRAVIS_R2.jpg
PDFは→こちら

TRAVIS_R3.jpg
PDFは→こちら

IMG_4596.jpg

文字では解りにくいですよね?
IMG_4597.jpg

ギアユニットの組み立て
ベアリング抜け止めの3x6ボタンヘッドは使わず
ギアシャフトストッパーをスパーギアシャフトに通します。
IMG_4598.jpg

若干のクリアランスが出来るようにギアシャフトストッパーとべベルギアで調整します。
IMG_4599.jpg

モータープレートはカーボン製になっているので皿キャップスクリューでは無く
3x8ボタンヘッドスクリューx3本で固定します。
段付き穴の3段目が真中でモーターが真上になります。(標準と同様)
癖の無い走行特性です。
IMG_4600.jpg

モーターを前に傾けると旋回性能が上がります。
イロハさんではこの位置にしている方が多いです。
IMG_4601.jpg

ギアボックスは付属していませんので、ヨコモドリパケ用ギアボックスか
弊社VXギアバルクを用意します。
今回はヨコモドリパケ用ギアボックスで組立てます。
ギアボックス内のギアユニットはドリパケ用を使います。
イロハさんではボールデフで 0.76倍の前遅ギアを使っている方が多いです。
IMG_4602.jpg

アッパーマウントをギアボックスに取り付けます。
*向きに注意
IMG_4613.jpg

メインシャーシに3x8皿キャップスクリューでギアユニットを取り付けます。
IMG_4605.jpg

事前に組んでおいたVXドックにアッパーマウントと
アッパーデッキを取り付けます。
IMG_4615.jpg

アッパーデッキがついたVXドックをライジングプレートをはさみ
メインシャーシに取り付けます。
IMG_4616.jpg

次にギアボックスを取り付けるのですがライジングロアプレートは
皿加工がありギアボックスによって向きを替えます。
IMG_4606.jpg

ポっチが出ているギアボックスは皿加工を上面で取り付けます。
IMG_4607.jpg

アッパーデッキを3x8ボタンヘッドスクリューで固定
メインシャーシにライジングプレートをはさみ
ギアボックスを3x12皿キャップスクリューで固定します。

回転がスムーズか確認します。
*ネジ止めの際に歪むので一度ネジを緩め締め直すと良くなる場合が多いです。
バックラッシュがきつい場合は0.3mmシムの厚さを薄くして調整をします。
IMG_4618.jpg

完成です。
IMG_4619.jpg

IMG_4620.jpg






.23 2018 TRAVIS comment0 trackback0

VX Dock 新型スライドレール取り付け

こんにちは ema です。

間もなく 切れ角アップ ST ワイパーセット(VX-DOCK/ ハードアルマイト仕様) 
が出荷されますので、組立てアドバイスを紹介致します。

スライドステアリングシステムVX-DOCK 用オプションパーツ。
新設計のST ワイパーと専用の偏芯ポストを組み合わせる事で片側につき約10%
スライド量を増しかねてより要望の多かったVX-DOCK の切れ角アップを実現しました。

更に、ST ワイパーはピロボール取付部のフライス加工によりアッカーマンの調整幅も
増やし、ワイパーの左右両端にはイモネジの突出し具合でスライド量を規制する
ストッパー機能も設けました。 ハードアルマイト処理済。


フロントバルクヘッド&ショックタワー、スライドステアリング、
サーボマウントを一つに凝縮。
フロントバルク中心部にステアリングサーボを配置することで、スペースを最大限に有効活用。
無駄なリンケージを廃したダイレクトな出力が、ガタの無い、スムーズな可動を実現します。

・ベアリング4点支持により、スライドレールを確実に保持し、スムーズな可動を実現。
・各社ローハイトサーボ搭載可能。標準サイズサーボは一部加工が必要です。
・ボールの前後位置でアッカーマンの調整が可能。
・無駄なリンケージを廃し、サーボからダイレクトにスライドレールを動かします。
・ショックタワーはカーボン分割型により、高さ調整を可能にしました。
・アジャスタブルサーボホーン併用で、EPAのバランスを最適化。
サーボ&ジャイロの性能を最大限に生かします。GXナックル使用時
*他社のナックルをご使用の場合は加工が必要になる場合がございます。


VXドックの組み立てを紹介致します。

vx-dock_manual_front.jpg

vx-dock_manual_back.jpg


VXドックSET
IMG_4560.jpg

こちらは使わなくなるスライドレール&ポスト
IMG_4562.jpg

新規のスライドレール&偏芯ポスト
IMG_4561.jpg


1.まずは上部に展開図⑫のバルクヘッドポストをM3x8皿ネジで取り付けます。
IMG_4563.jpg

2.ベアリングポスト上(M3x8)2本 の取り付け
IMG_4564.jpg

斜めの面に添うように偏芯ポストを取り付けます。
IMG_4565.jpg

IMG_4566.jpg

3.下側のポストも左右取り付けます。
IMG_4567.jpg

4.左右の偏芯ポストに630ベアリングをM3x8皿キャップスクリューで取り付けます。
IMG_4568.jpg

5.ここでサーボを取り付けます。今回はフタバローハイトサーボです。
サーボを取り付けるネジは付属していませんので、M3x12程度のネジを4本用意して下さい。
サボックス(SC1251MG等)&フタバローハイトサーボ(S9570SV等)を付ける場合は
1.5mmのカラーを4枚用意してください。
サンワサーボ(SDX801等)はカラーは必要ありません。
IMG_4570.jpg

サーボストローク時にSTピンが上下しますSTピンが最下部に来た時
動きを妨げないようにサーボを上気味にセットします。
左右幅に余裕があるサーボは真ん中に(左右の隙間が一定)になるよう
固定します。
IMG_4571.jpg

IMG_4572.jpg

6.スライドラックをセットし下側のベアリングポストに630ベアリングを取り付けます。
IMG_4573.jpg

IMG_4574.jpg

下側のポストで上下調整し、ガタが無くスムーズに動くよう固定します。
*時間をかけて納得が行くまで調整しましょう!
IMG_4578.jpg

7.サーボホーンの準備
IMG_4579.jpg

別売りサーボホーンにSTピンを取り付けます。
今回は最長の24mmで組みます。
*STピンの位置を短くするとEPAが増える方向になります。
ジャイロの感度と合わせて好みのフィーリングに調整して下さい。
IMG_0835.jpg

IMG_0836.jpg

締め付け過ぎるとスライド部の動きが重くなります。
ネジロック・ボンド等を付け適度な締め込みで固定します。
IMG_0837.jpg

VXドック付属の0.3mmシム
IMG_0843.jpg

ホーンの中に入れます。(STピンとスライドレールとのクリアランス確保の為)
IMG_0844.jpg

固定します。(サーボのニュートラルの調整はしておいてください。)
IMG_4582.jpg

サーボの出力軸と耳の位置関係により、STピンがスライドレールに接触してしまう場合は、
サーボ取り付け時のカラーの厚さとサーボホーンの間のシム厚さで調整することが可能です。
IMG_4584.jpg

IMG_4583.jpg

8.バルクヘッドBをM3x8ボタンヘッドスクリューで取り付けます。
IMG_4585.jpg

9.ショックステーをM3x8ボタンヘッドスクリューで取り付けます。
取り付け位置は3段階調整が可能です。
IMG_4586.jpg

IMG_4587.jpg

VXドックは完成です。
イモネジは付属していませんが、左右のスライド量は3x10程度のイモネジを使って
規制する事が可能です。
緩んで位置が替わらないように柔軟性があるボンドを若干塗布し締めます。

また、アッカーマンの調整幅が増えるよう 
スライドレールのフライス加工部分は1.5mmマイナスされています。
1.5mmのカラーを入れるとフラット面になります。
IMG_4588.jpg


.21 2018 VXドック comment0 trackback0

夏休みイロハ

こんにちは ema です。

夏休みも終わって 新製品の準備を進めています。

連休中はイロハさんに遠方から沢山のお客さんがいらっしゃいましたね
ご一緒出来た皆さんありがとうございました。
IMG_4521.jpg

IMG_4531.jpg

今月発売予定の TRAVIS R-EDITION
0393-FD.jpg
切れ角アップ ST ワイパーセット
0392-FD_img1.jpg


IROHA WORKS 3方の TRAVIS も好調のようでした。

IROHA WORKS
Kenbro san


IMG_4528.jpg

IMG_4529.jpg

IMG_4530.jpg

IROHA WORKS
HEAD san
IMG_4524.jpg

IMG_4523.jpg

IMG_4525.jpg

IMG_4526.jpg

IROHA WORKS
Fujimon san
IMG_4513.jpg

IMG_4514.jpg

IMG_4515.jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4517.jpg

IMG_4518.jpg


.20 2018 TRAVIS comment0 trackback0

新製品案内 vol.135

こんにちは ema です。

新製品案内 vol.135 が完成しました。
ラップアップ新製品案内2018_08_v135
PDFは→こちら

スライドステアリングシステムVX-DOCK 用オプションパーツ。
新設計のST ワイパーと専用の偏芯ポストを組み合わせる事で片側につき約10%スライド量を
増しかねてより要望の多かったVX-DOCK の切れ角アップを実現しました。
更に、ST ワイパーはピロボール取付部のフライス加工によりアッカーマンの調整幅も増やし、
ワイパーの左右両端にはイモネジの突出し具合でスライド量を規制する
ストッパー機能も設けました。ハードアルマイト処理済。

0392-FD 切れ角アップ ST ワイパーセット(VX-DOCK/ ハードアルマイト仕様)
0392-FD.jpg

組み付け例
0392-FD_img1.jpg

IMG_4478.jpg

IMG_4477.jpg

使用パーツ
ロングアジャスタブルサーボホーン
HDアッパーアーム BB EDITION 4mmシャフト仕様
GXフロントナックル Ver.3
キングピンアングルエクステンション(GXナックルシリーズ用)
インテリジェンス Yアーム Ver.4
コンビネーションフロントアクスルコンプリートセット(GX/VX/YD-2ナックル)
IMG_4487.jpg

IMG_4488.jpg

IMG_4486.jpg


好評発売中のTRAVIS コンバージョンキットに、リヤモーターレイアウトに特化した
限定モデルR-EDITION が登場!
最新のVX-DOCK 用切れ角アップ ST ワイパー、SP カーボンモータープレート、
ギアシャフトストッパーのオプションを標準装備
しながらも、
フロントレイアウトのみに使用するギアボックス-Back/カップジョイントL/ センターシャフト
/1050 ベアリング2 個をレスにする事でお買い求めやすい価格を実現。
標準キットに上記のオプションパーツを追加した時に比べ、8,000 円以上安い
設定になっており、リヤモーターレイアウトのみ楽しみたい方におすすめです。
(Black 以外のSilver/Blue/Red モデルを希望の場合は直接お問合せください。)

0393-FD TRAVIS R-EDITION コンバージョンキット(Black)
0393-FD.jpg


フロントの転がりが重要なRWDドリフトの為の高性能ベアリング。
摩擦抵抗を飛躍的に低減させる特殊樹脂皮膜のコーティングを施しました。
各社850 サイズのナックルに使用可能です。

0394-FDスーパードライコートベアリング(850/4pcs)
0394-FD.jpg


一般のキャップスクリューに比べ頭部分が薄くなった低頭タイプの
キャップスクリュー各種が新発売。
ドレスアップや、出来るだけ出っ張りを無くしたい箇所への使用におすすめです。
固定は1.5mm 六角レンチを使用。スチール製各6 個入り。

0036-48 ~ 0036-51 ローヘッドキャップスクリュー ( スチール製/6pcs)
0036-48_51.jpg



.09 2018 WRAP-UP NEXT 製品案内 comment0 trackback0

ラップアップ夏季休暇

ラップアップ夏季休暇

2018年 8月10日(金)~ 19日(日)の期間は、夏季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

8/10 15時以降のWEBショップ受注分につきましては20日月曜日から順次出荷させて頂きます。

o0800045613974578156.jpg
.08 2018 未分類 comment0 trackback0

金曜イロハ

こんにちは ema です。

毎日暑いですね!
昨日もルーティーンの金曜イロハに行ってきました。

少し前からヘッドさんが FR-D を再セッティングしていまして、気になっていたのですが
DECOさんの FR-D が絶好調というも情報を入手
イロハメンバー FR-D 熱が上がってきました!

好調 DECO R-D


IMG_4475.jpg

IMG_4472.jpg

IMG_4473.jpg

MY FR-D はちょっとイマイチだったのですが、DECOガレージに少々入庫して
ちょちょっと魔法をかけてもらいました♪
その後は自分でリア周りを中心にアレコレと試し良い感じに。
来週はもう少しレベルアップ出来るよう準備します。
IMG_4471.jpg

.04 2018 FR-D comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

WRAP-UP

Author:WRAP-UP
WRAP-UP NEXT OFFCIAL BLOG をご覧頂きありがとうございます。

〒431-1301
静岡県浜松市北区細江町小野300-14
ラップアップNEXT (ラップアップグラフィックス RC 事業部)
TEL 053-488-4150
FAX 053-488-4151
support@wrapup-next.jp

For International customer; Contact follwing email address please.
international_support@wrapup-next.jp

distributor

ABC HOBBY USA http://www.abchobbyusa.com/

Raikou Drift Tires http://raikoudriftshop.com/

Vertex RC USA
http://www.vertex-usa.com/catalog/Vertex-Original-RC-Parts/

Drift Culture Enterprise Malaysia
http://www.facebook.com/DC.DRIFT.CULTURE

RC Mart Ltd.
http://www.rcmart.com/

M&M BROS.Pty.LTD
https://www.facebook.com/pages/MM-Bros-Pty-Ltd/496829587114262

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR