VXドック組み立て 1

こんばんは ema です。

取説も案内もまだ完成していないのですが、フライングでVXドックの組み立てを
紹介しようと思います。
新製品案内は只今準備中ですのでもうしばらくお待ち下さい。


RWD専用設計スライドステアリングユニット「VX-DOCK」
vx-dock_cg1.jpg

ノーマルドリフトパッケージにもボルトオン搭載可能。

フロントバルクヘッド&ショックタワー、スライドステアリング、
サーボマウントを一つに凝縮。
フロントバルク中心部にステアリングサーボを配置することで、スペースを最大限に有効活用。
無駄なリンケージを廃したダイレクトな出力が、ガタの無い、スムーズな可動を実現します。

・ベアリング4点支持により、スライドレールを確実に保持し、スムーズな可動を実現。
・各社ローハイトサーボ搭載可能。標準サイズサーボは一部加工が必要です。
・ボールの前後位置でアッカーマンの調整が可能。
・無駄なリンケージを廃し、サーボからダイレクトにスライドレールを動かします。
・ショックタワーはカーボン分割型により、高さ調整を可能にしました。
・アジャスタブルサーボホーン併用で、EPAのバランスを最適化。
サーボ&ジャイロの性能を最大限に生かします。GXナックル使用時
*他社のナックルをご使用の場合は加工が必要になる場合がございます





1.まずは上部のポストを取り付けます。
IMG_0713.jpg

2.ベアリングポスト取り付け 下2本のポストは後で調整するので仮止めにしておきます。
IMG_0714.jpg

3. 630ベアリングを4個 ポストに皿キャップスクリューで取り付けます。
IMG_0715.jpg

IMG_0716.jpg

4.ここでサーボを取り付けます。今回はサボックスローハイトサーボです。
IMG_0717.jpg

上気味にセット。
IMG_0718.jpg

ボタンヘッドスクリューで固定します。
IMG_0719.jpg

5.スライドラックをセットし下側のポストで スムーズに動くよう調整し固定します。
IMG_0720.jpg

IMG_0721.jpg

6.ショックステーを取り付けます。
取り付け位置が3段階調整が可能です。
IMG_0722.jpg

今日はここまで。
IMG_0723.jpg




スポンサーサイト
.04 2015 使用ガイド comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://wrapupnext.blog40.fc2.com/tb.php/874-d6d00e8d

プロフィール

WRAP-UP

Author:WRAP-UP
WRAP-UP NEXT OFFCIAL BLOG をご覧頂きありがとうございます。

〒431-1301
静岡県浜松市北区細江町小野300-14
ラップアップNEXT (ラップアップグラフィックス RC 事業部)
TEL 053-488-4150
FAX 053-488-4151
support@wrapup-next.jp

For International customer; Contact follwing email address please.
international_support@wrapup-next.jp

distributor

ABC HOBBY USA http://www.abchobbyusa.com/

Raikou Drift Tires http://raikoudriftshop.com/

Vertex RC USA
http://www.vertex-usa.com/catalog/Vertex-Original-RC-Parts/

Drift Culture Enterprise Malaysia
http://www.facebook.com/DC.DRIFT.CULTURE

RC Mart Ltd.
http://www.rcmart.com/

M&M BROS.Pty.LTD
https://www.facebook.com/pages/MM-Bros-Pty-Ltd/496829587114262

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR