イメージ写真

こんにちは ema です。

一部の部品はサンプルですが、こんなイメージです。


IMG_3830.jpg

IMG_3827.jpg

IMG_3826.jpg

IMG_3825.jpg

私のテスト車両は現在こんな感じです。
IMG_3800.jpg
.13 2017 FR-D comment0 trackback0

新製品案内 vol.127

こんばんは ema です。

新製品案内 vol.127 が完成しました。

モノコックテイストのルックスに。FR-D用カーボンフレームが登場。
FR-Dから始まったREAL CONCEPTは次のステージへ。


FR-D シリーズ対応のカーボンフレームが新登場。
2mm 厚のブラックピュアカーボンプレートを5 つのパートで構成。

あなたのFR-D がモノコックフレームマシンを彷彿とさせる
スタイリングへと変貌させます。

フロントの取付けはバンパーサポート部(ドリパケ規格)、リアの取付けは
ショックタワー部(WRAP-UP 製0106-FDグラファイトショックタワーか
デュアルコンポジットショックタワーをご使用ください。)

サイド部は付属のメインフレームホルダーでシャーシと固定します。

アッパーデッキはレスとなり、付属のアッパーフレームと交換しますが、
アッパーフレームを使わずアッパーデッキをそのまま残す事も可能です。

※FR-D V1.0/V1.1 に使用する場合はアッパーフレームは取付け出来ませんので
標準のアッパーデッキをそのままお使いください。

※本製品はFR-D シリーズ用ですが、バンパーサポート部/ リアショックタワー部が
共通のWRAP-UP 製シャーシであれば、レイアウト等の制限、若干の加工が必要な
場合がありますが使用可能。

ラップアップ新製品案内2017_12_v127
PDFは→こちら

0364-FD_img1.jpg

0364-FD.jpg

0364-FD_img2.jpg



.06 2017 WRAP-UP NEXT 製品案内 comment0 trackback0

Coming Soon!!

こんにちは ema です。

今年の4月にサンプルを作ってから 少しづつ進めてきました。
イロハさんに来られた方は、既に見ていた方もいたかと思います♪

問題になっていた部品の入手も可能になりましたので、
販売に向け一気に進めようと思います。

弊社コンバージョンキット用のオプションパーツです。
詳しくはまた紹介していきたいと思います。
Frame.jpg

P1120106.jpg


ちょっと昔話。

2012年9月に初代 FR-Dを発表・11月に発売しました。
当初は4駆の部品流用で、まともに走る事さえ難しい物でした。

お客様と共に私も走らない理由を考え パーツを開発してきました。
以降 RWDドリフトは飛躍的に進化し走る事自体が当たり前になっています。

そもそも FR-D を作るきっかけは、当時(今も)ドリフトを楽しんでいるお客さんが
使っているボディーがAE86・180SX・シルビア等 FRの車という事でした。
ドリフト=FR

RWDで走るという事だけを考えれば、バギーなどで採用されている リアモーター
やミッドシップモーターが近道だったと思いますが、実車感を追求し
あえてメカメカしいギアユニットを採用したFRのコンバージョンキットを作りました。
サスペンション周りはパーツの多く出ているドリパケを流用出来る事も
利点と考えました。その後様々なRWD用専用パーツを作りました。

当初からストラットやホーシングもリアルという点からは当然考慮していましたが、
現実的では無かったのでまずは既存の部品で走行が普通に出来る事を
優先しました。
(当初公開したFR-Dのイメージ画像はストラットみたいになっていましたね)
FR-Dはギアユニットの強化等進化をし Ver4.0 になりました。

先日情報を出しました FR-D オプションシャーシ は、リアル思考な
FR-Dユーザーさんがより楽しんで頂けるように考えた物です。

現状の走るセッティングを妨げる事無く リアルな形状にしていきたいことが
コンセプトです。
ロールゲージを作っても良いでしょうし、フレームは内装を付けるベースに
してもらっても良いと思います。
またフレームの構造を使って、ストラット等にも改造するチャレンジが
できると思います。
(私は現状のショックを使うとガタやスペースの問題が多い為
簡易的なストラットタイプをテストしています。)

RWDドリフトの新たな可能性の提案です。
.30 2017 FR-D comment0 trackback0

新製品案内 vol.126 & 再入荷案内

こんばんは ema です。

新製品案内 vol.126 & 再入荷案内が完成しました。

NEWシャーシ「TRAVIS」に待望のVX-DOCKレス仕様が登場。
VX-DOCK搭載車ユーザー様の乗り換えに最適の1台です。


完全新規プラットフォームシャーシ「TRAVIS」トラヴィスデビュー!!

新設計の横置きドライブユニットの組み換えにより、
様々なモーターレイアウトを実現するドリフトパッケージベースのコンバージョンキットです。

レイアウトの変更は別途パーツを購入することなく行え、フロントモーター LOW/HI、
リアモーターLOW/HI の特性の異なる計4 種のレイアウトを1 台で実現します。

別途MR-D 用センターシャフト(0210-FD) を用意すれば、フロントLOW レイアウトからモーターを後方に20mm
移動させフロントミッドシップ化も可能です。

また、モータープレートの向きを変え、モーターを左右反対に取り付ける事で、
起動トルクの方向を逆転可能に。
好みに合わせて正トルク、反トルク仕様が選択可能です。

写真はコンバージョンキット組立て例です。
本製品にはVX-DOCK&リアバルクヘッドは付属しません。

ラップアップ新製品案内2017_12_v126
PDFは→こちら


.27 2017 WRAP-UP NEXT 製品案内 comment0 trackback0

WRAP-UP NEXT 感謝祭 FASTER

こんにちは ema です。

昨日は FASTER さんで行われました WRAP-UP NEXT 感謝祭 
イロハメンバーと一緒に行ってきました♪
浜松からは片道約300キロ なかなかの距離でした。

色々な情報交換・ミニゲームで盛り上がりましたね!
詳しくは カスタムさんのブログ をご覧ください。

楽しい一日を過ごさせて頂きました。
FASTER 様 ご来場頂きました皆様ありがとうございました。



DSCN0309.jpg

DSCN0311.jpg

DSCN0317.jpg

DSCN0319.jpg

DSCN0320.jpg

DSCN0339.jpg

DSCN0338.jpg

DSCN0337.jpg

DSCN0334.jpg

DSCN0323.jpg

DSCN0322.jpg

DSCN0321.jpg

DSCN0324.jpg

DSCN0331.jpg

DSCN0333.jpg


.20 2017 イベント comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

WRAP-UP

Author:WRAP-UP
WRAP-UP NEXT OFFCIAL BLOG をご覧頂きありがとうございます。

〒431-1301
静岡県浜松市北区細江町小野300-14
ラップアップNEXT (ラップアップグラフィックス RC 事業部)
TEL 053-488-4150
FAX 053-488-4151
support@wrapup-next.jp

For International customer; Contact follwing email address please.
international_support@wrapup-next.jp

distributor

ABC HOBBY USA http://www.abchobbyusa.com/

Raikou Drift Tires http://raikoudriftshop.com/

Vertex RC USA
http://www.vertex-usa.com/catalog/Vertex-Original-RC-Parts/

Drift Culture Enterprise Malaysia
http://www.facebook.com/DC.DRIFT.CULTURE

RC Mart Ltd.
http://www.rcmart.com/

M&M BROS.Pty.LTD
https://www.facebook.com/pages/MM-Bros-Pty-Ltd/496829587114262

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR